Tel:0553-23-0133
電話受付時間:9:30~16:30
(土日祝日は繋がりにくいことがございます)

 

SNS

新着記事

さくらんぼのブルスケッタとティーソーダのワークショップ開催決定!

さくらんぼのブルスケッタとティーソーダ ワークショップさくらんぼの時期は終盤です ...

さくらんぼ詳細

さくらんぼとは?

バラ科サクラ属 (和)桜桃/おうとう(英)Cherry   (仏) Ceries

 サクランボは桜の木になる実なのですが、一般に観賞されるソメイヨシノやヒカンザクラなどとはまた違う品種の木で、主にセイヨウミザクラ やスミミザクラなどの種類になります。 セイヨウミザクラが日本に入ってきたのは明治時代で、北海道に移植されたものが広まり東北などで発展したようです。
 名前のサクランボは「桜の子=坊」で「さくらのぼう」が訛りで「さくらんぼう」と言うようになったとされています。桜が付ける桃といういみから「桜桃(おうとう)」とも呼ばれ、政府の標準成分表には「おうとう」として記載されています。

当園で取り扱っている品種

紅さやかべにさやか

香夏錦こうかにしき

正光錦せいこうにしき

高砂たかさご

夢あかりゆめあかり

紅秀峰べにしゅうほう

佐藤錦さとうにしき

山形美人やまがたびじん

ふじあかね

選び方と保存方法

選ぶポイント
 サクランボは美味しい状態に熟しているかをまず色でみます。しっかりと紅く色付き、鮮やかでつやがあるものを選びます。サクランボは追熟しないので、青みが残っている物が多い物はやめた方が良いです。また、あたったりして部分的に茶色っぽく変色したり傷が付いているものも避けましょう。
 粒が大きいほど値段が高くなる傾向にあります。同じ値段なら大粒を選びましょう。

■保存方法
 サクランボは収穫と共にどんどん味が落ちていきます。買ったらすぐに食べる方が美味しくいただけます。
 少しの間保存したい場合は、新聞紙などにくるんで出来るだけ涼しいところにおいておきます。常温でもって2日位と思ってください。冷蔵庫の野菜室では1週間程度もちますが、あまり温度が低いと味を損ねてしまうので注意してください。

さくらんぼの美味しい食べ方

■食べる直前に冷やす
 サクランボは長時間低温下においておくと実が締まって美味しさが損なわれてしまします。食べる直前に冷やした方が美味しく食べられます。

■生食で、デザートや菓子のトッピングとして
 ゼリー寄せやムースの中に入れたりする場合は種を抜いて使うようにしてください。専用の種抜きがありますが、家庭ではナイフで切った方が良いかもしれません。

■チェリーのクラフティーやタルトに
 通常は缶詰のアメリカンチェリーやサワーチェリーを使う事が多いですが、フレッシュのサクランボを使ったものは格別です。

■保存出来る用途に
 サクランボのジャムやコンポートの他、チェリー酒なども美味しいですよ。

さくらんぼに含まれる栄養素とその働き

■サクランボの主成分はブドウ糖
サクランボは他の果実に比べ、エネルギーは少ないのですが、主に含まれている糖質は、体にすぐに吸収されるブドウ糖です。

■サクランボを沢山食べると貧血に効果あり
ミネラルを含んでいますが、中でも鉄分を多く含んでいます。

■サクランボ一粒一粒は栄誉バランスが良い食材です
サクランボに含まれるそれぞれの成分量は多くないのですが、全体的には、糖質、ビタミンAやビタミンC、それにリン、カルシウム、カリウム、鉄分などのミネラルそして、カロテン、ビタミンB1、B2などを少しずつバランスよく含んでいます。

■ポリフェノール類
アントシアニンやフラボノイドなどのポリフェノールが含まれています。

参考:旬の食材百科 FoodsLink

Posted by 萩フル